北アルプスから8リットルについてやさしく解説しています。

北アルプスから8リットルの水は、長野県大町市で採水されています。大町工場の周辺には何もなく、大自然の中に建つ工場になります。水源の周辺には、わさび畑があります。わさびは、きれいな水でないと育ちません。そのわさび畑よりさらに上流の水を水源としている為、清水とも言える水が水源になります。

採水された水は、そのまま飲んでもすばらしい味わいです。それを活性炭フィルターと3ミクロンのフィルターを通して不純物を除去します。そして、NASAで開発されたROシステムで1/1000ミクロンの最小サイズのフィルターで何重にもろ過し、分子レベルまで磨き上げます。オゾン処理により、徹底的な殺菌消毒を行い、0.2ミクロンのセラミックフィルターによって、最終のろ過を行います。水がボトルに入るまで、一切人の手が加わることのない全自動重鎮にて、キャップがされます。そして、検査を行い水の出荷になります。水は、8リットル入りが3本で、2040円になります。空いたボトルは、地域の指定通りに廃棄することが出来ます。

北アルプスから8リットルでは、ウォーターサーバーはレンタルではなく、購入になります。卓上サーバーが2種類、床置き型サーバーが1種類あります。卓上サーバーは、15540円と16540円から選べ、床置き型サーバーは、18840円になります。すべてのウォーターサーバーに、温水にはチャイルドロックがついています。ウォーターサーバーは、分割払いにも対応しています。

★ 北アルプスから8リットルの公式サイトはこちら
http://8litres.jp/landing/
 
Copyright © 2012 水サーバーのレンタルで人気の宅配水業者一覧. All rights reserved