放射能汚染から身を守るには?

ミネラルウォーターも放射能汚染されているのでしょうか。放射能汚染は、放射性物質が水に混入して起こります。ミネラルウォーターの水は、山奥の水源や地下深く掘った井戸水、海洋深層水などが使われています。

ミネラルウォーターの放射能汚染から身を守る方法を具体的に挙げましょう。

一つは、海外の水源で採取した水をボトルに詰めたミネラルウォーターを飲むこと。日本で発生している放射能汚染は、福島第一原発から飛散した放射性物質が原因です。放射性物質は、いったん大気中に放出されると、風に乗って遠くまで飛散します。欧米でボトリングされた水なら安心ですね。

もう一つは、国内で採取した水の場合は水源がどこかを確認することです。地下深層水のように深い海底から採取した水なら。放射能汚染の確率はかなり低いと言えます。

最後に、水のろ過方法をチェックすることです。天然のミネラルウォーターは、水にミネラル類などの微量物質が混じって独特の味を生み出しています。水道水を逆浸透膜でろ過すると、いったん水の旨み成分まで除去されてしまいます。この状態の水を真水(しんすい)と言います。

真水は、旨みはないものの、放射性物質は殆ど除去できます。そこで、ろ過後に人間が水をおいしいと感じる安全なミネラル類などを足して、おいしくて安全な水にしてからボトルに詰めます。

この3つの水で、自分が気に入ったタイプを選べば放射能汚染の心配をしないでおいしい水を飲めます。

 
Copyright © 2012 宅配水・家庭用ウォーターサーバー選びなら 【水宅配口コミ.net】. All rights reserved