長期間留守のときも大丈夫?

長期間留守をする時は、ウォーターサーバーにカビが生えないか心配ですね。留守をする時のウォーターサーバーのお手入れの基本を知っていますか。

まず、絶対してはいけないのが、電源をオフにすること。節電ブームの昨今、長期間留守をする時はウォーターサーバーの電源を切りたくなりますよね。でも、ウォーターサーバーに使われているボトルウォーターは塩素消毒をしていません。つまり水道水と比べるとずっと賞味期限が短いのです。室温は雑菌が大好きな温度です。留守をする時は窓を閉め切っているでしょうから、部屋の中は雑菌が繁殖する絶好の環境が整っているのです。カビが生える原因になるので、電源は入れたまま出かけましょう。ただし、ボトルウォーターの水の量を確認するのをお忘れなく。空になったままのボトルを付けたままにしておくと故障の原因になります。

とは言っても、1ヶ月以上も留守をするので電気のブレーカーを落としていきたいという場合は、ウォーターのボトルをはずして水抜きをします。水抜きの方法はウォーターサーバーの取扱説明書に書いてあります。

水抜きは、電源コンセントを抜いて数時間経って、お湯がさめてから始めます。ボトルを外して蛇口を全開にして排水します。メーカーによってはドレンコックという水抜き用の栓が付いている場合もあります。水抜きを中途半端にすると、ウォーターサーバー内に水が残ってカビが生える原因になるので、完全に水が出なくなるまで排水してください。

 
Copyright © 2012 宅配水・家庭用ウォーターサーバー選びなら 【水宅配口コミ.net】. All rights reserved