赤ちゃんのミルクを作れる?

ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルクを作るのに便利です。第一に、水の衛生面が安心なこと。ミルクの時間のたびに湯ざましを作る必要がありません。ペットボトル入りのミネラルウォーターを使ってミルクを溶く人もいますが、ミネラルウォーターは開封した後は細菌が混入しやすいので注意しなければなりません。ウォーターサーバーなら、常に新鮮な水を欲しい分量だけ注ぎ口から出せるので、ペットボトルより衛生的です。

赤ちゃんの粉ミルクを溶かすお湯の温度は何度が良いか知っていますか。保健衛生学の発展によって、お湯の温度が最近変わりました。以前は40〜60℃のお湯を使うのがいいと言われていました。いわゆる人肌よりちょっと熱めですね。でも、平成19年にWHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が「お湯を沸騰させた後、70℃以上の状態で粉ミルクを溶かすようにする」という「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取り扱いに関するガイドライン」を発表しました。これまでより熱いお湯で溶くことで細菌感染症を予防するためです。

ウォーターサーバーのお湯は、どこのメーカーでもほぼ温水は85℃前後に設定されています。つまり、新しいWHOの基準を満たしているんです。ただし、そのままでは熱すぎるので、容器に注いで少しさましてからミルクを溶きましょう。免疫力の低い赤ちゃんを感染症から守るためにも、乳児がいる家庭にウォーターサーバーは欠かせませんね。

 
Copyright © 2012 宅配水・家庭用ウォーターサーバー選びなら 【水宅配口コミ.net】. All rights reserved