節電しながら使いたい

ウォーターサーバーは、24時間電源を入れて使用する電気製品です。当然、家庭やオフィスにウォーターサーバーを導入したら、その分だけ電気代が余計かかります。電気代を少しでも節約したい!でもウォーターサーバーは使いたい!という人のために、ウォーターサーバーの節電のコツをお教えします。

ウォーターサーバーにかかる電気代は、1ヶ月あたり数千円を見ておきましょう。ただし、業者が提供するウォーターサーバーの機種によって電気の消費量はかなり変わってきます。

ズバリ節電に効果があるのは、一部の業者が提供している省エネタイプのウォーターサーバーを選ぶことです。ただし、省エネタイプのウォーターサーバーはオプションサービスになるので、初回だけ別料金を払う必要があります。ネックになるのはこのオプション料金だけ。その後は、通常の冷温水器と比較する電気代が約半額になるので、節電に大きな効果を発揮します。

普通のウォーターサーバーでも節電する方法がありますよ。熱いお湯が出るのが便利だからといってお湯をジャブジャブ使っていませんか。お湯の温度を維持するには、それなりの電気を使います。お湯ばかり使っていれば、水を使うより電気料金が高くなります。

節電といっても、ウォーターサーバーの電源は常に入れておくのが鉄則。使わない時コンセントを抜くと、室温で細菌が繁殖する恐れがあるので不衛生です。夜寝る時やちょっとした外出のたびに冷蔵庫のスイッチを切る人はいませんよね。それと同じで、スイッチをオンにしたままで節電を心がけてください。

 
Copyright © 2012 宅配水・家庭用ウォーターサーバー選びなら 【水宅配口コミ.net】. All rights reserved