手作りチョコレート >  手作りチョコで注意したい点

手作りチョコで注意したい点


手作りチョコを作るときには、いくつか注意したい点があります。

まず、材料となるチョコレートの選び方です。チョコレートは湯煎で溶かしてしまうので、材料のチョコレートはゴージャスな形をしている必要はありません。湯煎で溶かす際には細かく砕いた方がバランスよく溶けるので、板チョコなどのように包丁などで砕きやすい形のチョコレートを選ぶのもポイントですね。また、ホワイトチョコレートはブラウンのチョコレートよりも湯煎で溶けにくいので、初心者は避けた方が良いでしょう。

チョコレートを溶かす時に電子レンジを使う方もいますが、その時には頻繁に掻き混ぜながら焦げないように注意してくださいね。時間がない時にはとっても便利な電子レンジですが、チョコレートの量が多い場合にはまんべんなく溶かすのが難しいのが難点です。

湯煎でチョコを手作りにする時にも、温度が高すぎないように気をつけなければいけません。湯煎にかける時の温度の目安は50度。温度が高すぎるとチョコの成分が分離してしまうので、温度計を使ってきちんと温度管理しましょう。

また、手作りチョコを溶かして型に入れて固める時には、できるだけ薄めに流しいれるように気をつける事も必要です。大好きな相手に渡すチョコレートだからと意気込んで分厚くて大きなチョコにしてしまうと、食べるほうは硬くて歯で噛みきれないほどになってしまいます。なるべく薄く作ることを心がけると良いでしょう。