美味しいチョコを作るには?
チョコレート

バレンタインデーだけでなく、大好きな相手に手作りのチョコレートを渡す機会はほかにもたくさんあります。誕生日や親切にしてもらったお礼など、チョコを渡す口実は後から考えることにして、まずはステキなチョコを手作りしてしまいましょう。

手作りチョコレートってどうなの?

手作りチョコといえば、バレンタインデーが一大イベントですが、バレンタインデー以外でもちょっとした手作りスイーツとしてチョコレートを作ってプレゼントしても喜ばれます。「手作りチョコ」っていう言葉の響きもなんとなく女の子らしくて可愛いですよね。手作りのスイーツは大好きな人にあげたいギフトとして人気がありますが、スイーツの中でも手作りチョコはわりと簡単に誰でも作ることができるスイーツ。料理があまり得意ではないという方でも意外と簡単に作ることができるので、ぜひ挑戦してはいかがでしょうか。

手作りチョコは意外と簡単に、そして短時間で作ることができますから、自宅で何回か練習をして腕を磨く事もできるのがうれしいですね。初心者におススメなのは、チョコレートを溶かしてピーナツやアーモンドなどのナッツ類を混ぜ合わせて型に入れて固めるタイプです。この方法なら難しいテクニックも必要ありませんし、溶かすチョコレートの味がそのまま完成するチョコレートの味になるので、失敗してしまうリスクも防ぐ事が出来ます。また、ナッツとチョコレートの相性はバツグンなので、ナッツを入れるだけでチョコレートのレベルがグンとアップするのでお勧めです。

最初からいきなりトリュフを作ったり、カリスマパティシェが作るような芸術的なスイーツを目指すと失敗する原因になってしまいます。失敗しないように最初は簡単な種類のものからスタートして、少しずつレパートリーを広げていくと良いでしょう。

手作りチョコレートの作り方♪

手作りチョコと言ってもいろいろな種類がありますが、ここでは初心者にも簡単に作ることが出来て失敗するリスクが少ないチョコの作り方をご紹介しましょう。

まず準備する物はチョコレート。チョコレートは湯煎で溶かしてしまうので、形などは何でも構いません。スーパーで売っている板チョコでももちろん OKですし、お菓子作り用に最初から細かいサイズになっているミルクチョコレートなどもあったりするので、安売りチョコを活用してくださいね。白いカラーがとっても可愛いホワイトチョコはブラウンのチョコと比べると溶けにくいので、初心者にとっては避けた方が良いタイプのチョコかもしれませんね。

チョコレートを溶かす時には、直接鍋に入れて火をかけるのはNG。湯煎と言って、ステンレスなどの金属性のボールの中に細かく刻んだチョコレートを入れ、鍋に水を入れて弱火で沸騰させ、金属製のボールへの熱伝導によってチョコレートを溶かしていきます。弱火で時間をかけてしっかりとチョコを溶かしてくださいね。

溶かしたチョコレートにピーナッツなどを混ぜて手早くかき回し、クッキーの型などに入れて固めましょう。手作りチョコの型などは、チョコが固まった後に外れやすくデザインされているので、ぜひおススメのアイテムです。気に入った形の型を見つけたら購入しても良いかもしれませんね。

チョコレートにデコレーションをするなら、チョコレートが固まる前に手早くしてくださいね。