あわびのさばきかた

活きたままのあわびが届いたけれど、どのように食べたらいいのか分からないとパニックになってしまう主婦の方もいらっしゃるようです。あわびは、他の貝などと違ってさばきやすい事で知られています。たいていの水産会社では、活きあわびを発送する際にあわびのさばき方についてのリーフレットを同封しているので参考にされるとよいでしょう。あわびの通販を行っている水産会社のサイトなどでもあわびのさばき方の画像を提供していますので、一読されることをお勧めします。あわびがお手元に届いたその場でおいしく調理することができますよ!

ポイントは、殻つきのまま塩水でぬめり汚れをたわしでこすり落とすこと、貝柱を殻から外す時にキモを傷つけないようにスプーンやしゃもじなどを使うことです。殻から外したら、キモを切り離し、あわびの口の部分を切り離します。キモは食べられますが、口の部分は硬いので廃棄します。キモは壊さないように薄い膜を取り除き、白いワタの部分も外します、ワタも廃棄です。これであわびの下ごしらえは完了です。おつくりにする際には、細かな砂が付着していることがあるので、さばいた後も今一度塩水でもみ込むように軽く洗うとよいでしょう。

貝紐を取り外したり、あるいはそのままで薄くスライスすると刺身として食することができます。キモを丁寧に裏ごししてしょうゆとおろしにんにくで和えるとキモしょうゆとして深いコクと風味を味わうことができます。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 あわびの通販 【美味しいアワビのお取り寄せ販売ならお任せ!】. All rights reserved