養殖あわびのお味は?

天然もののあわびは身が締まっておいしい事はわかるけど、養殖あわびの味はやはりそれなりなのでは?と懸念されている方もいらっしゃることでしょう。養殖物のあわびでも、味は天然ものと遜色ないのです。むしろ、身が柔らかく、甘みが高いと評価される方もいるほどです。

あわびは海藻を主に食します。天然もののあわびは海藻であればどのようなものでも食するため貝殻の色も赤みがかったりするなど、海藻の色に左右されてしまいます。養殖あわびは、主に昆布やわかめを中心にした餌で育ちますので、殻も緑が強いものになります。昆布やわかめは私たちの食卓にもほぼ日常的にのぼる食品です。天然もののあわびは人間が食する事ができない海藻なども餌として食べますが、養殖物はこのように管理された餌を食するため、柔らかい身を作ることができるのです。ただし、天然もののあわびは、海水や波の中でもまれて育ちますので身が引き締まります。そのためにあわび独特の歯ごたえを感じることができるのです。

養殖あわびの中でも、稚貝の時期を養殖場で過ごし、ある程度大きく育ったら、海に設けられたイケスの中で出荷を待つものもあります。海の中のプランクトンを食したり、波にもまれることで養殖物でも、身がしまったあわびに成長していきます。育ち方の違いで、味も若干変わってしまいますが、あわびのおいしさを引き出すために養殖業者も日々努力しています。天然か養殖かをあまり気にすることなく一度食してみてはいかがでしょうか。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 あわびの通販 【美味しいアワビのお取り寄せ販売ならお任せ!】. All rights reserved