あわびはヤバイぐらい美味しいです!

貝類の女王として君臨するあわび。こりこりとした食感や甘みがある後味にお酒のアテとして珍重されている方も少なくはないことでしょう。このあわび、瀬戸内海や北海道の太平洋側などで天然ものが水揚げされています。

特に東北地方の宮城県では全国屈指の陸揚げを誇る天然もののあわびを出荷している地域もあります。天然もののアワビは、海辺の町の料亭や旅館などでとれたてのものを食するのが一番なのですが、おいそれとは行かないもの。

あわびの産地の水産業者からあわびのお取り寄せをしてみませんか?とれたてのあわびを水揚げ後即、発送できるまで加工し、いち早く注文された方のお手元に届くように手配しています。昨今では陸送や空輸の手段が発達したため、新鮮でおいしいあわびを食べることができます。

あわびも養殖物があり、こちらは天草地方や東北の三陸海岸近辺のまちで盛んに養殖されています。入り組んだ地形の土地であわびが盛んに養殖されている事がお分かりになるでしょう。

天然ものと養殖物あわびは一目瞭然で、殻の色や形の違いで見分けることができます。あわびは雑食性のため天然ものでは殻が黒っぽいのが特徴です。

またフジツボなどが付いていることもあります。養殖物はわかめや昆布など自然に近いものを与えられていますが、管理されているため緑色をしています。また殻が綺麗なのも特徴です。味は天然ものの方が格別であることは一目瞭然ですが、養殖もののあわびでも、ある程度まで育つと海に放流し育てる方法もありますので、味も天然ものと遜色ありません。

美味しい食べ方について解説しています

あわびのおいしい食べ方は、何といってもそのままの刺身でしょう。お取り寄せで到着したてのあわびであれば、活きたままの状態でお手元に届きますので、さばいて即刺身として食することができます。キモをしょうゆでといたものを付けていただくと風味が増して格別です。生食が苦手だという方であれば、蒸して食べるとよいでしょう。酒蒸しをしたあわびを刺身のようにスライスしていただくのも良いでしょう。

このほか、あわびをスライスしたものと季節の野菜・キノコなどを炊き合わせたあわびご飯もお勧めです。あわびのエキスがご飯に行き渡りますので、何度もおかわりしたくなります。シンプルに殻つきのままのあわびを鉄板や網の上で焼くのもいいですね。

あわびは、口と殻以外は余すところなく食べることができます。貝柱やキモも丸ごと食べることができますので、新鮮なあわびがあったら、おいしいうちに頂きましょう。生食にするには躊躇してしまう鮮度のあわびがあったのであれば、天ぷらにして食べましょう。薄くスライスして、衣も薄く付けるだけにしてさっと油で揚げるだけでもおいしさを感じることができます。

八宝菜の具や細かく刻んでチャーハンの具など、もったいないけど豪華な食べ方などもお勧めです。どんな食べ方でもおいしく食することができるあわび。お酒の肴だけではもったいないので、ぜひご家族でこのおいしさをたっぷり堪能されてはいかがでしょうか。

※ 当サイト情報の取り扱いについて

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生したとしても、当サイトと管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

 
Copyright ©  あわびの通販 【美味しいアワビのお取り寄せ販売ならお任せ!】 All Rights Reserved.